« 鳥居民評論集 昭和史を読み解く | トップページ | 野球を歩く
――日本野球の歴史探訪 »

2013年10月31日 (木)

異端の統計学 ベイズ

2001

2001_2













シャロン・バーチュ・マグレイン著 冨永星訳
46判/並製/512頁/定価2,520円

◆大注目の統計理論「ベイズ統計」に関する初めての一般向け書籍
 本書は、現在注目を集めている統計学の中でも、これからの世の中のあり方に大きな影響を与えると考えられている理論「ベイズ統計学」について一般向けに書かれた初めての本です。
 ベイズ統計学は、1990年代/21世紀初頭ころから急激に応用が進展した統計理論で、使われる範囲は人工知能、機械翻訳、意思決定理論、暗号解読、遭難船捜索、画像解析、ビッグデータ解析に自動運転車など多岐にわたります。身近なところでは、メールソフトの「迷惑メール除去」にも使われています。何かに関する予測や仮説を、新たに得られた情報で更新してよりよい予測や仮説を得るというところに特徴があり、コンピュータの発達にともなって実用化が進みました。とくに人工知能分野においては、コンピュータに大量のデータを読み込ませて自動的に学習させる「機械学習」をベイズ統計が可能にし、このことにより近い将来、人間に比肩するような高度なAIが実現するのではないかと考えられています。

◆150年以上にもわたり、「異端の理論」とされてきた理由は?
 ベイズ統計は250年以上の歴史を持ち、起源は1740年代のイギリスまでさかのぼることができます。しかし、実はこのベイズ統計、今でこそ注目を集めていますが、その歴史の大半において統計学界では「異端の理論」とされ、大学などでは公に論じたり教えたりすることもはばかられる状況が、つい最近、1990年ころまで続いていました。
 統計学界は「頻度論者」と呼ばれる主流派と、「ベイズ派」と呼ばれる少数派に分裂していて、ベイズ派は長年にわたり完全に劣勢でした。ベイズ統計は、主流派から「ナンセンス」とか「不健全」だと言われ、ベイズ理論で解析・研究された報告書を政府機関に提出すると差し止められたり、議論が紛糾し不採用とされることも珍しくありませんでした。しかし、そういったベイズ理論による報告書の中には、スリーマイル島原発事故やスペースシャトルの事故を驚くほど正確に予測したものもあったのです。
 なぜ、ベイズ統計は100年以上にもわたって異端視されたのか。長い不遇の時代、ベイズ派の統計学者はどのように研究を続けたのか。その逆境を跳ね返し、最先端理論として注目を集めるほどになったのはなぜなのか――。
 本書は、虐げられてきたベイズ統計が突然注目を集めるようになるまでの、数奇な遍歴を初めて物語る一冊です。物語の中では、いまだに機密扱いを受けている戦時下・冷戦下でのベイズ統計のスリリングな活躍、およそ科学的とは言い難いほどにどろどろとしたベイズ派と主流派との闘いなどが繰り広げられます。「統計学」という言葉でイメージする無味乾燥な世界とはかけはなれた、人間ドラマがそこにはあります。これからの世界を変えるかも知れない理論を、不遇の歴史の中で一歩一歩前進させてきた人たち足跡をたどる――。統計学に少しでも興味のある方には、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

« 鳥居民評論集 昭和史を読み解く | トップページ | 野球を歩く
――日本野球の歴史探訪 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事