« アメリカはいかにして日本を追い詰めたか
―― 「米国陸軍戦略研究所レポート」から読み解く日米開戦
| トップページ | 2014年版 間違いだらけのクルマ選び »

2013年11月25日 (月)

サンタランド日記

2013

2013_2














デビッド・セダリス David Sedaris
倉骨彰訳

四六判/並製/216頁/本体価格1800円

作品累計700万部超ベストセラー作家の大人気デビュー作!
 本書は、アメリカの大人気ユーモア作家であるデビッド・セダリスさんのデビュー作というべき「サンタランド日記」をはじめ、クリスマスを題材としたユニークな短編6本を集めた作品集です。
「サンタランド日記」は、NYのメイシーズ百貨店のXマス特設会場で「エルフ」役のアルバイトをしたときの体験をもとに、ユーモアと皮肉、人間のおかしさ醜さ愛おしさを、ちょっと切ない味付けで描いた作品です。
 本作がアメリカの公共ラジオNPRで朗読したことで、一気に人気者となったセダリスさんはその後数多くのベストセラーを連発。出す本出す本みな全米ベストセラーです。それらの作品累計はすでに700万部を超えているそうです。  
 また2001年には雑誌「TIME」の最優秀ユーモリスト賞に選出されたほか、自作の朗読でグラミー賞の最優秀スポークン・ワード・アルバム賞、最優秀コメディー・アルバム賞にノミネートされています。ちなみに、映画『長ぐつをはいたネコ』(ドリームワークス)に出演している女優のエイミー・セダリスは実の妹だそうです。
セダリスさんは2014年1月に日本にやってきます!
 既刊の『すっぱだか』(当社刊)の刊行後、初めて日本に来られたセダリスさんは日本好きで、ほぼ毎年のように日本に滞在しています(本書「訳者あとがき」を参照)。来年2014年1月上旬にも日本訪問の予定です。本のプロモーションではなく、個人的な「旅行」だそうですが、もし取材をご希望の方がありましたら下記までご連絡ください。スケジュールが合えば快く取材に応じてくれるはずです。

« アメリカはいかにして日本を追い詰めたか
―― 「米国陸軍戦略研究所レポート」から読み解く日米開戦
| トップページ | 2014年版 間違いだらけのクルマ選び »

書籍・雑誌」カテゴリの記事