« 清閑(せいかん)の暮らし
―― 隠者たちはどんな庵に住んでいたのか
| トップページ | アメリカはいかにして日本を追い詰めたか
―― 「米国陸軍戦略研究所レポート」から読み解く日米開戦 »

2013年11月19日 (火)

日本人に足りない ネイティブの英単語100 [CD付]
――文脈で覚えるから「使える」「話せる」

2012

2012_2













パトリック・フォス(東京医科歯科大学准教授)
酒巻バレット有里(カリフォルニア州立ベーカーズフィールド校講師)

四六判並製/256頁/価格1575円

●「ネイティブの使用頻度」が高い単語から、日本人がつまずきやすい単語を厳選!
 ネイティブと英語で自然なコミュニケーションをとりたいなら、ネイティブが実際に使っている英単語を身につけることが一番の近道です。意外に思われるかもしれませんが、日本人はネイティブによって頻繁に使われる英単語の上位1-1000位までの単語はすでに知っていると言われています。そこで本書は「ネイティブによって使われる頻度が高い単語の中で、まだ日本人がよく知らない単語」だけ100語を厳選しました。たった100語をしっかり把握するだけで、ネイティブ同士の会話や、新聞や雑誌の記事でもわかる部分が増え、TOEICなど英語能力を試す試験のスコアアップにも役立ち、英語が上達したと実感すること間違いありません。

●物語形式だから、楽に英単語が身につけられる
 さらに本書はこの100単語を効率的に覚えられるように、物語を使っています。英単語が文中で実際にどう使われているかを見ることで、単語の使い方も自然と身についていきます。ハラハラドキドキするネコたちの楽しい冒険物語を読み進めるうちに、知らぬ間に100単語の意味と使い方まで身につくという画期的な英語学習書なのです。
 多くの日本人の英語学習者にとって、本書ほどバランスよく英語の総合力を上げられる教材はありません。高校生から大人まで、英語をもう少しレベルアップしたいと思う人に、ぜひおすすめの一冊です。

« 清閑(せいかん)の暮らし
―― 隠者たちはどんな庵に住んでいたのか
| トップページ | アメリカはいかにして日本を追い詰めたか
―― 「米国陸軍戦略研究所レポート」から読み解く日米開戦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事