« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月17日 (火)

異形の維新史

2017

2017_2














野口武彦・著   
四六判・上製/304頁/定価1890円(税込)

「人間の欲」から幕末維新のもう一つの姿を描く傑作小説!
『幕末気分』で読売文学賞の著者による、待望の書き下ろし

 幕末維新史といえば、徳川封建制の打倒に命を燃やす志士たちや、徳川家に殉じて最後まで抵抗して滅んでいった者たち、明治新政府の進路をめぐり対立する西郷と大久保など、「大義に生きた者たち」の姿が描かれることがほとんどですが、そういう華々しい歴史だけが明治維新なのではありません。
 時代の混沌に乗じて密かに「欲」の奔り、溺れた者たちもいました。彼らもまた「維新」という時代を構成した見過ごせないパーツといえるのです。本書はそんな正史が扱わない《異形(いぎょう)》の人物・事件から維新を捉え直す異色の歴史小説です。
 本書は、幕末と明治初期を舞台にした7つの短編からなります。
 幕末期の作品では、まず、日米修好通商条約の勅許を得るべく奔走する幕府旗本が、関白から勅許の見返りに愛娘の貞操を要求され、懊悩の末に悲痛な死を遂げる「薔薇の武士」。尊王も攘夷も関係ない、ただおのれの権力奪取にしか関心を示さない無名志士が綴った極秘文書の謎を探る「犬死クラブ」。戊辰戦争の官軍先遣隊のヤクザに襲われた名家夫人の悲しい性(さが)「軍師の奥方」。蝦夷地の海岸警備を担当する武士が漂流してきたロシアの美女との肉欲に溺れてゆく「赤毛の人魚」。
 明治初期の作品としては、岩倉使節団の船内で、士族の男が女子留学生に色事を仕掛けたとの疑惑が浮上し、伊藤博文裁判長らに裁かれる「船中裁判」。明治元年の神仏分離令にともない、仏教弾圧に奔った神道勢力の恐るべき横暴を描く「木像流血」。毒婦・高橋お伝の局部解剖に奔る明治医学界の狂騒「名器伝説」。
 どの作品も広範な史料をもとに描かれた小説で、その筆致に読者はぐいぐい惹き込まれてしまうでしょう。本書を読んでいただければ、従来の維新本がまともに取り上げてこなかった維新のもう一つの姿が見えてくるに違いありません。この冬、多くの歴史ファンに堪能していただきたい作品です。

2013年12月11日 (水)

愉しい落語
――江戸以来四百年、そして未来へ

2025

2025_2















山本進(やまもと・すすむ)

四六判 並製 288ページ 定価2100円

●落語は人間の本質を抉るもの、まだまだ伝統は続く
 落語は何度聞いても面白い――なぜだろう。それは人間の本質を抉るものだから、というのが著者の答えです。そんな落語に60年以上もとりつかれてきた「なんの肩書きもない市井の一介の落語好き」を自称する著者が誰にもわかりやすく説いた落語入門書です。
 戦後すぐの東大落語研究会時代から落語との付き合いははじまり、名人六代目三遊亭圓生の聞き書き(『寄席育ち』など)、八代目林家正蔵の聞き書きなど、著者は落語関係の重要な著作を多数手がけてきました。落語研究家、芸能史研究家として当代の第一人者といっても過言ではない存在です。80歳をすぎた現在でも落語を聞きに毎日寄席、ホールに出かける氏は落語はまだまだ続くと将来には楽観的です。

●落語の歴史、研究史などがよくわかる落語ファン必読の書
 この本は江戸、明治、大正、昭和とつづく落語の歴史を簡略に述べていますが、それとともに安藤鶴夫、正岡容など落語評論が確立された頃からの研究史を語っている点が同時代の証言としてとても興味深い。東大落語研究会のOBたちを中心にして『落語事典』が作られ落語のネタが何本あるかの確定や、三遊亭や柳家などの流派の系譜(何代目か)の確定などが行われ、戦後の落語隆盛の基礎が学問側からも築かれました。もちろん花形は演者であり、人気落語家(談志、志ん朝、円楽など)の存在があって初めて落語ブームは招来されたのですが、東大・早稲田の落語研究会や市井の好事家たちが落語を文化として伝えるために果たした役割は大きい。著者はその代表的なひとりであり、落語を知的な文化として捉えることが落語をより楽しめることにつながるとする――そうした楽しみ方を教えてくれる本書は格好の入門書なのです。

微笑む慶喜
――写真で読みとく晩年の慶喜

2024

2024_2














戸張裕子著 河合重子監修 
四六判 並製 240ページ 定価1980円

没後100年、最後の将軍徳川慶喜は晩年をどう生きたか。
多くの写真を解説、明治華族界を彩り豊かに描く。

●没後百年、関心高まる慶喜の生涯
 今年は最後の将軍徳川慶喜が死んで百年目にあたり、各地で回顧展等が開かれました。未だに慶喜関連の書がたくさん刊行されますが、幕末史を語るには欠かせない登場人物のひとりであり、歴史ファンには関心の高い人物です。この本は明治35年に公爵に叙せられ、名誉回復なって以降、大正二年に死ぬまでの晩年に焦点を当て、比較的多く残されている慶喜関連の写真を紹介し、読みとくことによって晩年の心理・心境を推理した本です。
 慶喜は明治三十年静岡から東京巣鴨に移住し、翌三十一年天皇に内々で拝謁を許されます。明治天皇は朝敵の汚名を着て謹慎していた慶喜を公に名誉回復し、明治の御世に組み込むために明治三十五年公爵の位を授け、慶喜家を独自に建てることを許します。これは大々的な行事だったようで、徳川親藩や譜代大名や旧幕臣などと何度も祝賀会が開かれ、記念写真が撮られています。慶喜は自分でも写真を撮る大の写真好きですが、撮られるのも好きだったようで晩年はとくに写真を多く残しています。この本はその写真類をメーンに、いつどこで撮られたか、誰が写っているのかなど丹念に追求し、慶喜とその周辺の明治華族界の知られざる側面を明らかにしています。

●恭順していた慶喜はようやく解放されたのか
「微笑む慶喜」というのは第5章のタイトルで、カバー写真にも使ったスナップ写真のことです。慶喜はほとんど笑った顔の写真を残していません。この写真は松戸の戸定歴史館に寄贈された小さな写真で(家令の古澤氏寄贈)、明治三十九年日露戦争凱旋祝賀会で撮られたものと思われます。ここではスナップ写真のせいか珍しくかすかに微笑んでいる慶喜が見られます。明治四十年から「昔夢会」という渋沢栄一の肝いりで慶喜の幕末回想を聞く会が始まります。日露戦争に勝った日本は近代国家として隆盛していきますが、慶喜は明治国家に組み込まれ、どのような感懐を抱いたかというのは大いに興味あるテーマです。著者は戸定歴史館に収蔵されている「家扶日記」という慶喜の家令だった古澤氏の書いた膨大な記録を読み解き、慶喜の日常や行動を詳細に追いかけていきます。旧幕臣たちの微妙な慶喜への尊崇と反発なども興味深い人間模様です。
 また、註の人物紹介は写真入りで、ひとつの面白い読み物になっています。

2013年12月 5日 (木)

兵頭二十八の農業安保論

2008

2008_2














兵頭二十八[ひょうどう・にそはち]

四六判上製 二八八頁 定価一九九五円

〇食糧とエネルギーをめぐるリアルな危機とは?
 TPPの関税(撤廃)交渉の進展にともない、日本の農業のあり方が問われています。去る十一月二十六日には政府が、昭和四十五年から始まった「減反」政策を五年後の平成三十年をめどに廃止することを決めました。農家に自由競争を促し、農業を成長産業に育てることがその狙いの由です。もとより、いかなる国家であれ国民の生命に直結する農業(食糧)問題は安全保障のカナメであり、しかもいまや農業も漁業も〝石油漬け〟ともいうべき状況にあり、したがってこれをエネルギー問題と切り離して考えることなどできず、その場しのぎの施策では将来に禍根を残すであろうことは間違いありません。
 本書は、農業・食糧問題をめぐって、いま現在の日本に確実に切迫する危機とは、「(石油の涸渇により、世界各地の油田で掘削の採算点を下回ることから)国際石油取引価格がコンスタントに上昇することで日本がついに食料を生産も輸入もできなくなる」こととみる兵頭氏が、これにたいする農水省、防衛省の方策を鋭く批判するとともに、東西の歴史、安全保障にかんする広範な知識をもとにして、食糧危機に備えた独創的なプロジェクト=「農地リース事業」スキーム(第5章で詳述)を提案、民活と制度イノベーションでこれを推進せよと説いたものです。
 農業・食糧問題を安全保障面から正面切って取り上げたアプローチが新鮮であると同時に、日本の農業が大転換点を迎えたいま、その未来を展望するうえでも、まことに時宜にかなった一冊であろうと思われます。

〇独居老人が不作付け地を管理する「予備畑」構想
 さて、兵頭氏の提案する農業プロジェクトとはどのようなものか。氏はまず古代ギリシアまでさかのぼって、古来、食糧が〝武器〟となってきたことから説き起こし、両大戦期の英国がドイツのブロケイド(独潜水艦による貨物船撃沈作戦)をしのいで飢餓化を免れたことを取り上げ、英国の「予備畑」に着目します。「予備畑」とはふだんは牧草地だが食糧有事には一年にして畑に変えることができる農地のこと。英国はこれを国土の半分近く確保していたおかげでドイツの作戦に対抗できたのであり、むろん英国に比べて日本の耕作可能地は圧倒的に少ないにしても、ここに日本人が学ぶべきヒントがあるとします。そして、そこから発想して氏は日本版「予備畑」を構想するのです。
 すなわち、現在の不作付け地を日本の「予備畑」と位置づけ、そこに建設費百万円の住宅(兵頭氏は低コストを意味する「Lo〈ロー〉基準住宅」と命名)を建て、今後ますます増えると予想される独居老人に貸す。借り手は竹木を繁茂させないよう土地を管理し、食糧有事に際してはこれを畑に変える。これが高齢化社会における弱者(独居老人)のためのセーフティーネットともなる、兵頭氏提唱の「農業リース事業」スキームです。
 ここでは百万円住宅の建築資材にいたるまで、きわめて具体的に構想されており、一読、関係者にはただちに実現化の検討を始めてもらいたいほどの内容。このたびのTPPを奇貨として、日本の農業の将来を明るいものへと向かわせるための、水先案内たり得る画期的な提案であり、たんなるアイデアとして看過されないことを切に願うものです。

2013年12月 4日 (水)

2014年版 間違いだらけのクルマ選び

20162014

20162014_2













徳大寺有恒+島下泰久 著

46判並製/256頁/定価1470円(税込み)/12月16日(月)発売予定

モーターショーにあわせて登場の新型車もくわしく批評
軽自動車一気乗り比較の特集もアリ!

●「モーターショー」に「自動運転」等、近年になくクルマが注目された年!
 本当にさまざまな論点が現れ、混沌としつつも大いに盛り上がった2013年のクルマ界――。大盛況のモーターショー、各社はどんな新型車を発表し、提案をしたか? 各社のデモ走行が注目を集めた自動運転の将来は? シェアほぼ4割、魅力的な選択肢となっている軽自動車の、今買うべき車種はどれか? 『2014年版間違いだらけのクルマ選び』はさまざまな論点を網羅して論じつつ、クルマに評価を下すという非常に充実したものとなりました。
 しかし、多様な論点を扱う一方、『2014年版』が最も重視したのはクルマの本質です。つまり、まっすぐ走り、よく止まり、曲がり、安全で、疲れず、乗り心地がよいこと。「燃費」「価格」「便利さ」などニーズが多様化し、クルマ自体も多機能化しているからといって、本質が犠牲になることは許されません。はたして、国産車に本質極めた「いいクルマ」は増えているのか? 今期はいつにも増して詳細かつ厳しい論評に注目です。

●2013年版の指摘
 幅広く老若男女がグッとくるのはこういうクルマだ!
 年寄りにこそ移動の自由を。クルマはより重要になる
 クルマの大変革、いよいよ自動運転がやってくる
 自動運転の実現はメーカーにとって好機か、危機か?……ほか

●クルマの今が見える3大特集
第1特集 東京モーターショー
  ――見所たっぷりの展示車に日本車の将来像が描かれていた
第2特集 Cセグメント外国車徹底比較
     ――良いクルマひしめく激戦区に新型車が一斉登場!
第3特集 軽自動車9車種一気乗り比較
     ――今買うべき軽は何か? そもそも軽でいいのだろうか?

●今期版のニューカー
タント/eKワゴン/スペーシア/フィット/カローラ・ハイブリッド/ラティオ/シルフィ/アクセラ/アコード・ハイブリッド/IS350/300h/250/スカイライン/クラウン/ヴォクシー/ノア/オデッセイ/ハリアー/エクストレイル/スバルXVハイブリッド/VWゴルフ/メルセデス・ベンツAクラス/メルセデス・ベンツCLAクラス/メルセデス・ベンツSクラス/BMW i3/アウディA3スポーツバック/フォード・フォーカス/ボルボV40/プジョー208/フィアット・パンダ/テスラ・モデルS

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »