« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月20日 (月)

もう一度 天気待ち
――監督・黒澤明とともに

2026

2026_2














野上照代著  
四六判 並製 368ページ 定価1995円

黒澤明監督について書かれたあの名著を、新たに大幅な書き下ろしを加えて復刊。
三船敏郎と黒澤の微妙な距離感を、誰よりもよく知る著者が詳細に描く。


●海外で黒澤明資料として定番の名著

 この本は2001年に文藝春秋社から刊行された『天気待ち』を大幅な書き下ろしを加えて復刊したものです。『天気待ち』は文庫化されましたが、文庫本をふくめて久しく絶版になっていました。もともとキネマ倶楽部というビデオ刊行会の月報に連載されていたエッセイをまとめたものです。黒澤映画のスクリプター(記録係)として、『羅生門』以降のほとんどの作品に参加していた(松竹の『白痴』は例外)著者でしか書き得ない創作家・黒澤明の実像を洒落たユーモア感覚を交えて綴った名エッセイです(彼女自身のイラストも秀逸)。映画監督フランシス・F・コッポラの推薦文が帯についていますが、英語版にはスピルバーグやジョージ・ルーカスの賛辞も付いており、海外では黒澤明について書かれた第一級の資料としてむしろ日本以上に有名な作品であり、英語、スペイン語、中国語ほか多くの言語に翻訳されています。
 資料として重要なだけでなく、エッセイとしてとても面白く、何度読んでも素晴らしい作品です。著者は名文家としても知られ、自伝的作品『母べえ』が山田洋次監督、吉永小百合主演で映画化されたほどです。

●三船敏郎と黒澤明との微妙な距離感を描く
 今度の本では黒澤組の現場の思い出とともに、三船敏郎、仲代達矢について多くの筆を費やしています。特に三船については評伝的な部分も含めた人となりや黒澤監督との関係、微妙な距離感などを描いており、いかに二人がお互いを尊重し合っていたのかの感動的なエッセイであり、ここが本書の白眉と云えましょう。三船は『赤ひげ』以降、黒澤作品に出ていませんが、晩年まで黒澤からお呼びがかかるのをいかに待ち焦がれていたか、黒澤が一時代を築くのに三船が果たした役割をいかに恩誼に感じていたか、二人のあいだを行き来して連絡役をつとめていた著者にしか知りえない、信頼関係の機微を巧みに描いています。
 二人の代表作『七人の侍』公開後、今年は60年であり、にわかに三船敏郎に注目が集まっています。評伝が出たり、特集上映が予定されていたしています。しかし、黒澤と三船のことを知るにはやはり本書以上の本はないのです。

愛される「一人(ひとり)店(みせ)」のつくり方
――自分一人でできる小さな飲食店

2027

2027_2














トータルフードプロデューサー 小倉朋子 著 
四六判並製/256頁/定価1680円

●「オーナーが厨房から接客まで一人で手掛ける小さな飲食店」――今、大注目の「一人店」の始め方から成功の秘訣を、人気女性コンサルタントが直伝します!
 飲食店経営者に売り上げよりもやりがいや満足度を重視する世代が増える今、自分のこだわりを形にする「一人店」が注目されています。時代的にも長い不況によって大宴会や接待が減り、内輪の飲み会が増えたり、高齢化によりおひとりさま世代が急増する中、「一人店」は、「ほっとする場がほしい」という客側からのニーズにもマッチし、まさに、経営する側にも、お客様側にも求められている、新しい飲食店の形と言えます。本書は、オーナーがたった一人で切り盛りするお店を「一人店」と定義し、初めて「一人店」に特化した飲食店経営のノウハウをまとめたものです。

●「味だけ」では勝負できない時代。リピーターの多いお店は、メニューとサービスにこだわる!
 気軽に始められるせいか、失敗も多い飲食業。とりわけ「一人店」は人件費がかからず、最小限のスペースと最低限の設備からリスクなく始められるので、著者によれば、すぐ始めてしまって、経営に行き詰まったり、苦労しているオーナーが多いそうです。
 そこで、本書では、多くの飲食店経営の現場を見てきた経験から、繁盛店が必ず実践しているメニューとサービスのコツを中心に紹介していきます。メニューのネーミング法や、メニューリストの作り方、盛り付け方、シビアな女性客が納得する化粧室のクレンリネスや、コート掛け用のハンガーの種類まで、普通なら気づかないポイントを細部にわたって紹介。リピーターを呼び込む飲食店づくりのノウハウをあますところなく伝授します。
 本書のコツさえおさえれば、ラーメン屋からカフェ、バー、カレー屋、イタリアン、フレンチ、惣菜屋、立ち飲み屋など、一人店は、どんな業種、業態でもスタートできます。飲食業にちょっとでも興味をお持ちの方にはぜひ読んでいただきたい一冊です。

ニュースでわかる ヨーロッパ各国気質

2028

2028_2














片野優(かたの・まさる)
須貝典子(すがい・のりこ)
四六判 並製 432ページ 定価1890円

ヨーロッパはいまや人類の未来を占う実験場とも言える世界。
旅行へ行くならこのくらいの常識を持って欲しい、最新ヨーロッパ事情。

●経済破綻国家でも幸福度は2位のギリシャ人
 デフォルト寸前まで行ったギリシャはなんとかもちこたえた感がありますが、アンケートでは幸福を感じる度合いではヨーロッパ第2位となっています。また国民のメタボ度ではギリシャは1位です。ドイツ人は勤勉癖が抜けず、リゾート地の休暇先でも海辺にトンネルを営々と掘る人がいるそうです。そして、それが崩落して生き埋めになり、しばしばニュースネタになります。
 この本は三面記事や社会ネタから題材を拾い、各国の国民性、民族気質などをユーモラスに綴ったいわば日本の県民性診断ならぬヨーロッパ国民性診断の本です。前著『こんなにちがう ヨーロッパ各国気質』が好評を得たので今回再びこのテーマを追求し、最新のニュース記事を引用しながら現在30数カ国ともなるヨーロッパの国々の現状を、ヨーロッパ在住20年の2人のジャーナリストが興味深く分析・紹介してくれています。そこには日本の社会の有り様を考える上でもさまざまな示唆が得られることでしょう。

●民主主義、日本の未来の行く末は?

 オランダ、ベルギーなどの民主主義先進国ではもはや同性婚や安楽死も認められ、売春、麻薬もオーケーとなっています。総じて北部の国家は高福祉で国民の権利も極端なほど認められています。ノルウェーの刑務所の至れり尽せりの設備などは驚かされるほどです。一方、ギリシャ、スペイン、旧ユーゴのバルカン半島の諸国は経済は立ち行かなくとも豊かな文化や伝統を感じさせます。この各国の法律や政策のバリエーション、税制や福祉政策、環境保護策や働き方(半ズボンにTシャツという最もラフな服装の公務員はハンガリーだそうで、スーツ着用度の比較アンケートが紹介されている)など、千差万別は面白いだけではなく、日本にとっても示唆的です。われわれはどこに向かっているのか、どのような社会システムを選ぶべきか、ヨーロッパはさながら実験場とも言える存在です。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »